育毛に悪い食事をしていると効果が減少します

育毛に悪い食事をしていると、スカルプシャンプーや育毛剤など髪を育てることをしても育毛効果が減少します。

髪に悪い食事をしていないか見直してみましょう。

ファストフードやポテトチップス、肉類など油っぽいものばかり食べていると、皮脂分泌が促されます。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴がつまって髪が抜けやすくなる、育毛剤が浸透しにくくなるといった影響がでます。

糖質を過剰摂取すると、皮脂分泌を抑制するビタミンB群が不足します。

糖質の過剰摂取も抜け毛を増やします。

刺激物は交感神経を刺激して皮脂分泌を促します。

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、ミネラルの吸収を阻害します。

亜鉛が不足すると髪が抜けやすくなります。

現代人は、食事から摂取する亜鉛が不足していて、亜鉛不足になっている方が少なくありません。

食事から摂る量が少なく、カフェインで吸収が阻害されると、亜鉛不足のリスクが高まり髪が抜けやすくなります。

カフェインを含むものはできるだけ控えましょう。

http://www.acorntooakdevelopments.com/